補償金のために

ウィンドウショッピング

素人がやり合うのは無理なので専門家へ

自動車にぶつけられるなどの交通事故に遭ってしまった場合、加入している保険会社が相手側と交渉してくれると考えている方もいるでしょう。しかし、加入している保険会社は関係なく、自分自身で相手側の保険会社と交渉をしなければいけません。つまり、何も対策を取らなければ、お金の話を素人の自分が、プロの保険会社としなければいけないのです。その状況はどう考えても不利なので、損をして嫌な気分になりたくないなら、できる限り避けるようにしましょう。もちろん、避けるというのは交渉を避けるという意味ではなく、自分ひとりで交渉をするのを避けるという意味です。もしも、保険会社の交渉が必要になったのなら、弁護士を依頼して、保険会社とのやり取りをすべて任せましょう。あの手この手で補償金額を下げようとしてくれる保険会社だったとしても、弁護士ならば、あの手この手でそれを防いでくれます。場合によっては、補償金が倍近く違ったという話もあるので、弁護士費用を支払いたくなくて利用しないのはとてももったいないことだといえるでしょう。ちなみに、交通事故が専門の弁護士でなければ、百戦錬磨の保険会社と対等にやり取りをすることが不可能です。従って、『交通事故が専門』とアピールする事務所に所属する弁護士を探して依頼をするのが確実でしょう。交通事故というとんでもなく嫌な目にあっているのですから、保険会社とのやりとりで嫌な目にあわないように、弁護士に守ってもらうことをおすすめします。