相談の際に知っておきたい

おせち

法律事務所への相談で大切な点

交通事故に遭遇し、慰謝料などを請求するときには、保険会社より弁護士のほうが有利なことが多いです。しかし、だからと言って安易に判断するのではなく、しっかりとルールを押さえておくことが大切となります。弁護士に交通事故の相談をする際には、まず、示談交渉に関してのルールは重要です。示談交渉はある程度は事故当時者や保険会社の意思で事故処理に折り合いをつけていけます。注意したいのは、不利な条件なのに同意してしまって、示談書を用意するような場面。被害者としては慰謝料の金額に納得していても、よく見ると後遺症が出た時に不利な条件が盛り込んであったりして、後悔することが多いです。また、相手方が示談屋などの厄介な相手を連れてくる可能性も否定できません。弁護士などでない者が報酬を得る目的で示談交渉を行うのはルール違反ですから、これは要注意でしょう。この他にも示談を行う際には注意点が多いので、まずは弁護士に相談していくのがおすすめとなります。なお、交通事故の際には弁護士の利益相反と呼ばれるルールにも、気を付けた方が安心です。これは同じ弁護士が加害者・被害者の双方の代理人となってはならないと言うルールとなります。弁護士一人で交通事故の慰謝料などを決めてしまうことになり、当事者の一方に不利になる可能性が高いためです。このために人気の高い弁護士事務所だと、利益相反になって依頼を引き受けてもらえないケースがあります。これを防ぐには、予め相談すべき法律事務所を複数、リサーチしておくのがおすすめです。